頑張れ、私!

不妊治療の記録。2016.10.16結婚💍 2019.1~クリニック通院🏥 20190425検査薬陽性🌈 2019.5.23稽留流産🎈2019.9妊活再開💫2020.AIH3回🍊2020.10採卵🥚2021.2 分割胚移植🌷2021.3初移植陰性判定🌛

初めての顕微授精、その後。

 

初めての顕微授精

フライング検査で陰性後、病院での妊娠判定も陰性。

残念…('_')

 

病院で聞くまでは、悪あがきというか、なんというか。

「もしかしたら」が頭をよぎるから、とても辛い時間。

陰性をはっきり伝えられると、すっきりする。

辛いんだけど、解放されるような感じ。

 

私の通っているクリニックは

忙しいうえに、滑舌不良(笑)で、先生からの説明はほぼなし。

大体のことは、看護師さんが説明してくれる。

 

陰性を伝えられた後、看護師さんから伝えられたのは、

「授精した内、育った卵が少なく、卵子の質が良くないから3か月ほどカルニチンを飲んでほしい。」

カルニチンを飲んで、卵子の質をよくしてから、採卵に挑んでほしい」

ということでした。

 

正直、すぐに次の採卵に向けて動くと思っていたし

採卵までもピル飲んだりなんだりで

時間がかかると分かっていたから、早く採卵したかったんです。

 

だから、

「え?いまから?3か月も飲むの?辛い辛い、無理無理、早く採卵したい、悲しい。」

的な思いのたけを、柔らかく看護師さんに伝えたわけですよ、

 

そしたら

「早く採卵したい理由とかある?」

とか聞かれて、なんか泣きそうになったんですよね。

 

 

「いや、早くしたいに決まっとるやん」って思ったもんね。

理由とかなくない?いままで2年も通って早くしたいに決まっとるやん。

クリニック通って、優しくて寄り添ってくれる看護師さんばっかりだったし、

イライラしたことなかったけど、初めてイライラしたし泣きそうになったよね。

 

「今採卵していい卵子じゃなくて、また採卵ってなるよりは、

ちゃんと3か月頑張って、いい卵子になってから臨んだ方がいいと思いますよ」

って言ってた。

 

いや、それはわかる、わかるんですけど

なんか全体的な話のもって行き方とかさ、うまくいえないけど

なんか辛い言い方だったんだよね。

 

共感とか、寄り添ってくれる感じがなくて

「私は先生を信頼しています!先生の言う通りにしましょ!」

「飲んだ方がいいに決まってるでしょ」

的な理屈っぽい感じ、というのか、なんというのか。

 

 

結局、3か月ほどお休みすることにしました。

言っている意味は、十分理解できるからね。

3か月後だから6月ぐらいに採卵できるように調整しようかな、と思っています。

 

 

なんだかんだ、今は通院もないし、らくちん♪

一応タイミングは取ってみよう的な感じで、ゆる妊活。

 

 

そして、助成金申請しました。

顕微授精までにかかったお金は、だいたい60万ちょい。

県+市からも出るので、半分とちょっとは出るかな。

まだ振り込まれるのは先ですけど(^^)

 

 

そんな感じの1回目の顕微授精でした。

 

 

ET11  昨日のフライング検査

 ET11

ウトロゲスタン膣錠朝昼晩

エストラーナテープ2日に1回3枚ずつ貼り替え

 

生理痛のような下腹部痛

胸の張りはE8くらいから少しずつ減る

ET9の夜中とET10にトイレして拭いたときに小さい鮮血がつく

 

現状こんな感じです。

 

なんか、鮮血ついてびっくりして

生理前のような下腹部痛があるから、

私の身体が生理になりそうなのに薬で止めきれなくて

って悪い方に考えて落ち込む。

 

でも生理ではない気もする!もしかしたら着床出血かもしれん!

と思って検索しまくるけど、結局よくわからないよね。

 

でも、着床したんかもしれん!

なんか妊娠できとる気がする!

 

と思ってET10の夜、すっっっごく久々に妊娠検査薬買って

仕事終わりに検査してみたよ。

 

結果…真っ白!笑

 

文章に(笑)ってつけないと、まだ傷がえぐられる。

初期胚移植だし、1回目でうまくいくことは少ないと

思っていたはずなのに

久々に真っ白な検査薬見ると、やっぱり落ち込む。

 

え~真っ白?

うっすらもない?

と、光に透かして見てみたりもするけど

綺麗な1本線。

 

10分後、30分後、1時間後、3時間後

いつもみても真っ白なんですよ~

もう嫌になりますよ~

 

 

そしてお決まり「ET10 陰性」「ET10 陰性から陽性」とか

検索検索検索…。

 

でも98%の方がET9とかET10ではもう二本線を拝めているんですよね。

だからね、結構絶望している。

 

でも病院で判定もらうまではわからない、と

思っている自分もいるよ。

 

 

でも、でもと「でも」を頭の中で何度も繰り返しながら

答えのない考えを巡らせるのです。

 

とにかく今分かっていることは

ET10で陰性ということ。

落ち込むな~。

 

 

 

最近、仕事めっちゃ忙しくて、辛くて

ある日情緒不安定になって

これって理由はないけど

とにかく泣けて、夫に受け止めてもらって

そんな日々でした。

なんか、本当に辛いときって

仕事しながらPCに向かいながら

目に涙がたまってきます。

たぶん本当に辛いなぁって思う時期なんだと思う。

 

忙しいのは変わらないし、仕事辛いけど(嫌いではない)

忙しくさせてもらっていた方が、

不妊治療中は楽なのかもしれないと思う気もする。

 

ただただ判定日までが長いのも辛いしね。

 

 

奇跡が起きて妊娠できていたらいいな。

と思いつつ、次の採卵はいつになるかな、とも考えている。

 

ブログ書きながらも下腹部痛が来るたびに

生理がくるんだなぁ、と感じる。

 

 

神様、お願いします。

神頼み…。

 

 

 

 

 

 

ET3 移植後のそわそわ

ET3

ウトロゲスタン(膣座薬)継続中

体調変化なし

胸触ると痛いだけ

 

分割胚移植後はET、胚盤胞移植後はBTで数えるらしいですね。

インスタでよく見るのがBTばっかりだったから

移植後は全部BTで数えるのかと思っていました~。

 

 

分割胚移植後に妊娠できた方のブログを、読み漁ってます。

分割胚移植後は妊娠できなくて、

その後胚盤胞移植になり妊娠できた方が

やっぱり多い気がして

落ち込んでしまいます、、、

 

でも妊娠できた方もいるから、希望を持つ!

 

移植後は、最近感じてなかったリセット前のそわそわ感のよう。

また妊活はじめの頃のように、検索ばかりしている自分に気づく。

検索しても仕方ないと思い、検索することをやめたりもする、、、

そしてまた検索する笑

 

でも、

治療はじめの頃よりも、検索内容に左右されることは少なくなった。

不妊治療も2年経つと、落ち着けるようになってきたかな?

 

希望を持ちつつ

だめな時の心持ちも準備しておこう、、、

このそわそわ期をどう過ごそうか。

仕事でやることがあるから、そこに集中しようかな。

 

 

今日はバレンタインなので、久々にチョコタルトケーキを作りました!

しっかり作って夫にあげるのは久々かもしれない笑

 

 

顕微授精に向けて⑤ 胚移植

ついに胚移植

、、、といっても採卵から胚移植まで結構期間がありました。

 

胚移植まで何回か生理を見送る必要がありました。

採卵後5日ほどですぐ生理が来てしまったので、見送りにカウントされず。

 

その後の流れとしては、こんな感じ。

10月12日 採卵

10月16日 生理(カウントされず)

11月17日 生理1回目(お休みの周期)

12月19日 生理2回目

12月31日 診察→点鼻薬開始

1月24日 生理3回目→点鼻薬継続

1月26日 エストラーナテープ(貼り薬)開始、2日に1回貼り替え

2月8日 点鼻薬終了、診察、内膜7.8㎜で注射、ウトロゲスタン(膣座薬)開始

2月12日 胚移植

 

 

胚移植についての記録。

胚移植は12時からで、また分娩台みたいなところで

足パカ状態で待ち。

もうドキドキ。卵さんが戻ってくる嬉しさとかより

なにより痛みが怖くて怖くて。痛みに弱い、、、

 

先生きて、子宮広げる器具入れてからが

あぁ、本当に痛い。じんわり冷や汗かいてくるし、辛かった。

早く終わってくれ~って思いながら

時計を見たり、出産の比じゃない!って呪文のように頭の中で唱えたり。

12時5分に始まって、12時12分くらいに終わったと思う。

 

そんな中、本当に看護師さんが優しくて優しくて

大丈夫?もう少しですからね、もう少し。

って腕をさすってくれていました。

本当優しい、、、ここの看護師さんに本当に救われている。

 

胚移植終了。

卵さんが戻ってきたので、少しお腹をさすってみたりする。

あぁ、戻ってきたんだな~って思ったり。

 

さて、これからですね。

分割胚の妊娠率は低いかもしれないけど

着床して無事妊娠判定で陽性をいただけるように祈るばかりです。

 

がんばれ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

顕微授精に向けて④ 胚凍結

採卵数は10個

結構、良い数字なのではないかと私は思う。

ただそのあとが良くなかった。

 

その後途中経過を聞くと

10個すべて顕微授精を行い(ふりかけはしなかった)、

7個授精できたとのこと。

ここまでは、わりといい結果だと思う。

 

最終凍結について確認したところ

7個中、凍結できた胚は1つだけ。

しかも分割胚。

 

もうショックでショックで仕方なかった。

10個もあったのに、、、

 

これは私の卵の質の問題。

卵の質が良くなくて、ちゃんと発育してくれなかった。

本当に悲しかった。

 

1個だけはどうにか凍結できたんだ、と思うようにした。

前向きに考えることにした。

あんなに時間をかけて、採卵まで頑張って

採卵も怖さに打ち勝ったのに

ゼロでは本当に辛いから。

 

でも、世の中には採卵したけどうまくいかない人も大勢いるはずで、

1つでこんなに辛いんだからゼロは計り知れない辛さだと思う。

だから、1つでも凍結できたことをありがたく思わないといけない。

 

でも頭の中を何度もめぐるこんな思い。

「この1つをおなかに戻して、ダメだったらまた採卵からだ」

通院の辛さ、痛み、次妊娠できるかもしれないまでの期間の長さ。

また採卵から始まることが、本当に怖かった。

そして、不妊治療あるあるなのか、ダメだった時のことを考えている自分。

その1つで妊娠できるかもしれないのに、悪い方に考える自分。

 

「せめて、2つ凍結できれば、採卵せず移植できるのに」

と何度も考えた。そして、自分を責めました。

 

「しかも分割胚、せめて胚盤胞だったら、、、」

胚盤胞よりも妊娠率が低い分割胚。

もう悪い未来しか考えられなくて落ち込みました。

 

夫には

「1つできただけでも良かったと思おう」と励まされました。

 

そんな感じで、とりあえず採卵、そして凍結終了。

次は移植です。

 

顕微授精にむけて③採卵

ついに採卵日です。

全身麻酔で実施するため、運転は×。

夫に送ってもらいました。

 

7時50分頃にクリニックへ行って、午前中採卵。

私、本当にビビりで痛みにも弱いし怖くて仕方なかった。

 

服着替えて、看護師さんに呼ばれて手術台みたいなところへ。

足パカした状態で、しばらく待っている間、

もう心臓バクバク。足めっちゃ震えてきてガタガタしてた笑

、、、笑いごとじゃないくらい本当にガタガタ!!

 

麻酔入れますね~って言われて、あぁ…って思って

起きたら終わってベッドに寝てました笑

 

起きたけど、麻酔まだ効いてたのか、ぼーっとしてて

なんか変な感じの時間でした。

知らぬ間に、尿道カテーテル入ってて、すごい変な嫌な感じ笑

そして、カテーテル取るときすごい苦痛。もうしたくないです、、、

 

 

15時頃、診察。ぼーっとしながら診察。体辛かった~、、、

 

採卵できた個数を先生から聞いたんだけど、

案の定、何話してるか全然聞き取れない。ごめんなさい、先生(汗)

後から看護師さんに教えてもらいました笑

 

結果、採卵できた数は10個。

思っていたより多くて嬉しかった。

、、、だけど

そのあとがダメだった。本当にショックでした。

 

顕微授精にむけて②毎日の注射

顕微授精に向けて①で書いた通り、1周治療を延期することになったので、

9月からもう一回ピルを飲み、採卵に向けての調整です。

 

生理5日目の9月3日から飲み始めて、次生理来たのが9月27日。

そして9月29日から、毎日のHMG注射が始まりました。

 

私の通っているクリニックは、自己注射ではないので、毎日通います。

注射だけなら19時頃に行ってよかったので

毎日18時半~19時頃に時間を決めて注射を打ちに行きました。

仕事終わってできるだけダッシュして行ってました。

まだ通える場所だから本当にありがたいよね…って思いながら。

これが離れた場所だと、仕事と両立できないなぁって思います。

 

 

採卵の日まで注射が続くんだけど、

2日に1回のペースで採血もあるから前腕が青くなっていく…。

お尻も痛いしさ。左右交互に打つけど、だんだん痛くなってくる。

慣れと痛みが同居してくる感じ。

毎日通っている時は、「あ~私頑張ってる!」って思えた笑

 

採卵の日は前々日くらいに言われるから、

ある程度予測つけて、仕事を休めるように調整してたのに、

少しずれてしまって、少し焦ったよ~。

 

採卵は、、、10月12日となりました。

次、いざ採卵記録です!!(辛かった…)